起業とオンラインテクニック

~ 起業の情報とオンラインテクニック ~

売上予測を立てるには、しっかりとした根拠に基づいた計算手法を取るべきです

   

condesign / Pixabay

売上予測を立ててみましょう

資金の手当がいくら出来ても、売上が上がらなくては商売として成り立ちません。
これからどの程度売上をあげるべきか検討してみてください。

売上予測の方法は次の通りです。業種の特性を考え最も適した方法を選び算定してみてください
また、業界平均に地域事業などを加味することや、競合状況などを加味して多角的に検討してみてください。

(1)店舗面積に応じた売上を基本とする方法
(販売業で店舗売りのウェイトが大きい業種<コンビニ等>)

1平方メートル(又は1坪)当りの売上高 × 売場面積(坪)

<例>業種:コンビニエンスストア

・売場面積 100平方メートル
・1平方メートル当たりの売上高(月間) 15万円
(日本政策金融公庫刊「小企業の経営指標」による業界平均から算出)

売上予測(1ヵ月)=15万円×100平方メートル=1,500万円

(2)設備に応じた売上を基本とする方法
(飲食業、理・美容業などサービス業関係業種)





客単価 × 設備単位数(席数等) × 回転数 × 稼働率

<例>業種:理容店

・理髪椅子 2台
・1日1台当りの回転数 4.5回転
・客単価  3,950円 月25日稼動
売上予測(1ヵ月)=3,950円×2台×4.5回転×25日≒89万円

(3)従業員数に応じた売上を基本とする方法
(労働集約的な業種<自動車販売業、化粧品販売業、ビル清掃業など>)

従業員1人当たりの売上高 × 従業員数

<例>業種:自動車小売業

・従業員数 3人
・従業員1人当たりの売上高(月間) 288万円
(日本政策金融公庫刊「小企業の経営指標」による業界平均から算出)

売上予測(1ヵ月)=288万円×3人=864万円

(4)設備能力に応じた売上を基本とする方法
(設備単位当りの生産能力がとらえやすい業種<部品化工業、印刷業、運送業など>)

設備の生産能力 × 設備数

<例>業種:部品(ボルト)加工業

・旋 盤       2台
・1台当りの生産能力 1日(8時間稼動)当り 500個
・加工賃       @50円 月25日稼動

売上予測(1ヶ月)=50円×500個×2台×25日=125万円

※1平方メートル当りの売上高や従業員一人当たりの売上高等については、「小企業の経営指標」(日本政策金融公庫総合研究所編)、「中小企業の財務指標」(中小企業)庁編などで調べることが出来ます。



又、物販系において、特定地域内での売上予測を行う場合は、

一世帯当り消費額×商圏の世帯数×自社マーケットシェア

で予測することが出来ます。
ここでの一世帯当り消費額、世帯数等については、家計調査年報や地域ごとの経済年報(市勢要覧)等により推定することが出来ます。

ここで算出した売上高は、店舗面積、従業員数、設備等から導き出した売上予測であって、必要売上高(事業採算が取れる最低の売上高)ではありません。

商品、サービスがどれほど素晴らしくても採算が取れなくては事業とはいえません。

ここで算出した売上高が本当に採算が取れる売上高になるのか! 次の損益計画において明らかにしていきます

 - 起業、リアル店舗経営で知っておきたい事, 起業までのプロセス