起業とオンラインテクニック

~ 起業の情報とオンラインテクニック ~

起業直後の経営者の方、戦術と戦略を混同してませんか?

      2017/02/05

tactics

jarmoluk / Pixabay

中小企業特に起業直後の起業家にとってどのような経営をされてるのでしょうか。

企業経営を語るとき、必ず出てくるのが”戦略”と”戦術”です。

この二つをきちんと理解しておられますか?

私のお付き合いしてる経営者の方々でこの二つを明確に説明できる方がなかなかおられません。

そこで、戦略と戦術について考えてみたいと思います。

■戦略と思ってたけど戦術だった

確かに、景気のいい時は区別がつかなくてもある程度の業績は確保できました。

しかし、景気が低迷している昨今では、年々業績悪化を訴える会社が増えてきています。

世界に目を向けると、欧米では”戦略”を重視しており、戦略があいまいな企業は消えていってます。

つまり、戦略と戦術を明確にできない企業は、先行きが見えず明確にしている企業に負けてしまう。ということにほかなりません。

日本に当てはめると、ほとんどの企業は戦略と戦術を十分に理解区別しないまま経営してきました。

はっきり言うと、日本の経営者が戦略と思っていたことは”戦術”だったのです。

 




■戦略と戦術の区別

戦略と戦術を簡単な言葉で言い換えると 戦略=目的 戦術=手段 です。

こうやって考えるといとも簡単に区別がつくと思います。

目的:自社が進むべき方向、経営方針
手段:目的を達成するためのやり方や方法

具体的な例でいうと

目的(戦略):自社の資源を理解し、どの分野に参入するか、どれだけ人を投入するかを決める

手段(戦術):目的(戦略)を達成するために、自社の人員でどのようにして目標を達成するかの方法を決める

先にお話しした経営者の悩みではないですが、儲からないからただ”がんばれ””気合を入れろ”なんてことを言い続けても戦略がなければ頑張りようがないんです。

どうして売り上げが上がらないのか、利益率の確保ができないのか、つまり、何をすれば儲かるのかをちょっと立ち止まって考えるの必要があるのではないでしょうか。

■いったん立ち止まって考える

年に1度の決算は立ち止まって考えるチャンスだと思います。

このまま行ってもいいのか、もっと効率よく稼ぐためにはどうすればいいか、経営者であるあなたしかできないことです。

中小零細事業の経営者であるあなたは、戦術ばかりに目を向けるのではなく、戦略をしっかり立てないと生き残りはできないのではないでしょうか。

あなたが、きちんとした戦略を立てれば、従業員は戦術が立てやすいと思います。

最後に他のブログで見つけた説明をお示しします。
すごくシンプルで分かりやすいですよね。

  戦略 = 将軍の術
  戦術 = 兵士の術




 - 起業、リアル店舗経営で知っておきたい事, 雑学 , ,